稼働中

藤本 陽一(ふじもと よういち)

アーティストLOOK

バンド同士でコミュニケーションをとろう!
▼バンドLOOKをするとどうなる?
いいねボタンでバンドを応援しよう!
▼いいねをするとどうなる?

MUSIC

無題のギターインスト

  • 無題のギターインスト

<<蔵出し音源シリーズ第3弾>> 1983年の音源。当時15歳の藤本陽一による自作曲です。よくもまあこんな古い音源が残っていたものです。

君は僕の太陽だから

  • 君は僕の太陽だから

<<蔵出し音源シリーズ第4弾>> 1994年の音源。藤本陽一、当時26歳。ドラムマシーンの音がヘボいですが、人件費の問題で機械に頼りました。それ以外の楽器はすべて本人の演奏です。

夕暮れ

  • 夕暮れ

<<蔵出し音源シリーズ第5弾>>2003年の音源。CD・VHS・MDのセットに自筆イラスト、エッセイを添えたボックスセット『うナ重~うたうナルシストの重箱』(現在は廃盤)に収録。今回のアップに伴いリマスター作業を行いました。

きっと明日になれば

  • きっと明日になれば

<<蔵出し音源シリーズ第6弾>>1991年の音源。当時大学4年生だった藤本陽一が、春から社会人になることへの不安を歌った曲です。それまでメジャーを目指して頑張ってきた、けれども何も起きなかった、そして4月からスーツにネクタイに革靴で満員電車に乗る・・・苦悩の1曲。

スタースタースター

  • スタースタースター

<<蔵出し音源シリーズ第7弾>>2004年頃の音源。デヴィッド・ボウイの曲に「スター」というのがあり、ローリング・ストーンズの曲に「スター・スター」というのがあることをヒントに、もうひとつ増やしてみました、という題名。 原則として歌詞には英語を使わない藤本陽一が「fuckin’ star」という表現を使った珍しい曲。 ギョーカイ内部のつまらない意地の張り合いはこんなものではないだろうか?という想像を基に書かれた。

BAND PR

<<これまで応援してくださった皆様へ>>

rockdendoが2017年6月30日を持って閉鎖となることを知り、皆様にお礼と最後のご挨拶を申し上げます。

ウィークリーランキングには1年以上ランクイン出来て、1位を取ることも出来ました。

他のアーティストさんがスタジオでプロ級の機材を使った音源をアップされている中、私のようなちゃっちい宅録音源の曲でもこんなに支持されて本当に嬉しく思いました。

特に地元では本当に人気がないので、この評価はとても励みになりました。

もし、今後も藤本陽一の活動を見守ってくださるという方がいらっしゃったら、

藤本陽一公式ホームページ『魔法使いの小細工』をご覧ください。毎月の月刊コラムもこちらでご覧頂けます。http://x105.peps.jp/fujimoto09

また、SNSなどで直接コンタクトを取ってみたい、という方や、twitterをフォローしてくださる方は

・mixiは「城島陳」で探してみてください。
(読みは「じょうじまちん」です。)

・facebookは「藤本陽一」で探してみてください。

友達リクエストをくださる方は何か一言で結構ですのでメッセージをお願いします。

・Twitterのアカウントは
@you1mahou です。

よろしくお願いします。


皆様、長い間本当にありがとうございました。       藤本陽一




 

MOVIE

2016年2月20日・福岡市中央区青年センター「寄席!!」
2016年3月いっぱいで閉館となった福岡市中央区の青年センターで行われた「寄席!!」の2日目(中日=なかび)に藤本陽一が出演した際の模様です。 複数のイベントが同時に開催され、下階でバンド演奏がなされていたので、藤本陽一はムキになって演奏しています。
猫の股旅
2011年9月7日発売のアルバム『なんなななな』より
オザキとハマショー
藤本陽一が新たに世に問う、今尚愛され続ける二人のアーティストの本質を抉る問題作!(インターネット放送『藤本金太郎』より)
雨坊主(レインぼうず)
今年も鬱陶しい季節がやって来ました。毎年恒例のこの曲をアップします。初めての方も、2度目、3度目の方も是非ご覧ください♪
「何でも」は何でもない
インターネット放送『藤本金太郎』より 藤本陽一、珍しく怒っております! 尚、フロイドローズのくだりはあくまでも冗談です。使ったことがありますが、ビグスビーと違ってチューニングが全くと言って良いほど狂わないことに驚きました。

live schedule

現在LIVE投稿はありません。

▼page topへ